メインイメージ画像

風俗の求人に応募してから話が上手になった

話し上手の風俗嬢竹子ちゃんのような話し上手は、だいたいどのジャンルでも人気がある。特に常連さんになればなるほど、時間の半分はダべっているだけとか、二回に一回はヌかないとかになってくるため話術も風俗嬢の必須テクである。常連になるのは、卑なる性的な意味での魅力や技術を越えた感情がじているためで、じっくり話し込むことでいよいよわかりあえるところはある錯覚だとしてもその点で、ソープの高級店に来る客の方が、ソフトな風俗や格安店大衆店のソープに来る客より経済的な余裕があり、かつまた精神的な余裕もあり、今でも染みになるタイプが多いため相手をするのが楽という話もよく聞くところだ。

風俗の求人で知り合いの女のコから久しぶりに話があった。「お金が全然ないから、ソープで働こうかと思って今風俗の求人情報を探しているんだよ」彼女には子供がいて、稼がなければならないのだ。

かってへルスで働いていたこともあるが、三十代に突入したとあってはへルス嬢は難しい。三十代の現役へルス嬢もいるけれど、二十代から仕事を継続して常連をつけ、テクを身につけているからできること、あるいは仕事を継続していることによって若さを維持しているからできることであって、相談をしてきた彼女は、どう見ても二十代では通用しまい。

更新情報